債務整理でよく聞く過払い金について

過払い請求をテレビCMなどで聞いた事はあるけれど、具体的に何ができるのかわからない人は多いとおもいます。この記事では、過払い請求とは、対象になる人は、過払い請求の時効、過払い請求の方法、について解説していきます。

過払い請求とは

過払い金とは、利息制限法の借入れの上限金利を定めた利息で計算し直ししたときに、借金がゼロになってからも支払い続けていたお金です。法律上で返す必要のないお金を返していたということになる為、貸金業者に対して返すよう請求します。

貸金業者の貸付の際に発生する上限金利は、借金の額に応じて15~20%となっています。これを利息制限法といいます。
別の出資法という法律で2010年6月までは年29.2%を上限金利としていたため、2010年以前に法改正があるまで多くの貸金業者は、本来の金利よりも高い金利を取っていました。
この出資法と利息制限法の上限金利の差を、グレーゾーン金利と呼び、このグレーゾーン金利で支払った分が過払い金となり請求することができます。

過払い請求の対象になる人は

2010年から5年以上前に、消費者金融やキャッシングでお金を借りた経験のある人が過払い金の対象になります。
今は完済していても、借入れが5年以上続いているなら、過払い金が発生している可能性があります。
2010年以前にクレジットカードでキャッシングリボをした場合も過払い金の対象になりますが、ショッピングのリボは過払い金の対象にはなりません。

自己破産をしたことがある人も自己破産前に法外な金利で借り入れていた場合、破産後の過払い金請求は原則可能となっています。しかし、通常の過払い金請求より手続きが若干複雑な為、専門家に相談することをおすすめします。

過払い請求の方法

借金を最後に返済した日から10年経ってしまうと請求権が消滅するため、たとえ多額の過払い金が発生していたとしても、時効を迎えてしまうと取り戻せなくなってしまいます。
自己破産後も申し立てを行ってから10年以内であることが前提条件になります。時効が近づいている場合は、早めに弁護士などの過払い請求に詳しい専門家に相談しましょう。

過払い請求の方法

過払い金の有無を知るために、金融機関に取引履歴を開示してもらいます。過去の取引や金利が分かれば具体的な過払い金の計算ができます。
電話での請求も可能ですが、足元を見られる場合もあるため、初めから専門家に依頼するのが賢明かもしれません。

各業者から取引履歴が届いてから、それを元に過払い金の計算を行います。

過払い額がわかったら、貸金業者に対して過払い金請求を行います。

過払い請求の際に損をしてしまわないように、過払い金請求を行う際は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することをおすすめします。

まとめ

過払い請求には時効があるため、2010年から5年以上前に借金やカード会社のキャッシングを利用していた人は早めに確認をしましょう。
過払い請求には特にデメリットもない為、対象だった場合はきちんと請求をしましょう。